給与明細の見方を解説

厚生年金保険料

厚生年金保険は、会社に勤めている人が加入している年金制度で、受給資格を有する65歳以上の方に年金が支給される制度です。
具体的な内容は、大変複雑ですが、自営業者などが加入している国民年金に比べ、負担する保険料や受給する年金額が大変有利です。
これは、厚生年金保険料が、雇用保険料、健康保険料、介護保険料と同じく、同額を会社が負担しているからです。
また、雇用保険、健康保険と同じく自分は、保険料を支払いたくないという選択はできません。

スポンサードリンク

厚生年金保険料の計算は、つぎのとおりです。(2013年10月現在)

標準報酬月額×8.56%=厚生年金保険料
たとえば、標準報酬月額が20万円の場合
20万円×8.56%=17120円

標準報酬月額と厚生年金保険料については、次の厚生労働省のページで確認ください。(PDF形式)
厚生年金保険料の料率は、2017年度まで毎年上昇します。
このため、毎年10月から負担する保険料が増えることになります。

スポンサードリンク

雇用保険料と社会保険料(健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料)の合計でどのくらい天引きされているかは、次の計算のとおりです。

雇用保険料:0.5%
健康保険料:5%(各県で料率は、異なりますが、一例として)
介護保険料:0.775%
厚生年金保険料:8.56%
これを足すと
40歳未満:14.06%
40歳以上:14.835%

この計算からわかるように給与の14%以上は、雇用保険料と社会保険料で天引きされています。