会社から年末に渡される源泉徴収票の見方をわかりやすく説明しています。

源泉徴収票の解説

源泉徴収票を一度はゆっくり見てみましょう。

gen20.jpg毎年、年末に会社から渡される源泉徴収票ですが、よくわからないのでそのまましまってしまう人も多いのでないでしょうか。

このサイトでは、そんな源泉徴収票の見方をわかりやすく説明しています。
毎月の給与明細との関係や確定申告についても解説しています。

なお、源泉徴収票は、会社が天引きした所得税に関する資料です。
住民税の計算・明細については、毎年5月ごろ渡される横長の書類に記載されていますので、ご注意ください。

スポンサードリンク

源泉徴収票とは

源泉徴収票とは、言うなれば毎月渡される給与明細の年間版で、一年間の給与収入額と一年間の所得税額が明示されているものです。

この源泉徴収票を見ると私たちの所得税の計算方法がわかります。
所得税は、毎月の給与や賞与から天引きされていますが、これは、簡便法で計算されていて、一年間の給与収入が確定してはじめて正確な年間の所得税が確定するのです。
そして、このために年末調整があります。

このではまず、源泉徴収税額の算出方法と所得税の税率を説明します。

 

スポンサードリンク