会社から年末に渡される源泉徴収票の見方をわかりやすく説明しています。

所得税率

課税給与所得金額の額ごとに税率が定められています。

  課税給与所得金額(A)   税率(B)   控除額(C)   税額=(A)×(B)-(C)
                  195万円以下    5%               -                      (A)×5%
195万円超 330万円以下    10%               97,500円      (A)×10%-97,500円
330万円超 695万円以下        20%              437,500円     (A)×20%-437,500円
695万円超 900万円以下    23%      636,000円      (A)×23%-636,000円
900万円超 1800万円以下   33%            1,536,000円      (A)×33%-1,536,000円
1800万円超           40%             2,796,000円    (A)×40%-2,796,000円

平成25から平成49までの各年分の確定申告においては、所得税と復興特別所得税(原則としてその年分の基準所得税額の2.1%)を併せて申告・納付することとなります。

たとえば、課税所得が300万円の場合の税額は、
300万円×10%=30万円 30万円-97,500円=202,500円
202,500円×2.1%=4,252円
202,500円+4,252円=206,752円(源泉徴収税額)

スポンサードリンク