会社から年末に渡される源泉徴収票の見方をわかりやすく説明しています。

給与所得控除後の金額

「支払金額」は、年収ですのでわかりやすいのですが、次に「給与所得控除後の金額」というのがわかりにくく、源泉徴収票を理解しようすると意欲が低下していまう言葉です。

あえて理解しやすいように言い換えると、サラリーマンの必要経費を「支払金額」から控除した金額です。
ですから、あなたの源泉徴収票に記載されている「支払金額」と「給与所得控除後の金額」の差額が、あなたがサラリーマンとしての必要経費と言えます。

この必要経費は、「支払金額」によって一律に定められています。概略としては、

年収額(支払金額)     控除額(必要経費)
200万円             78万円
300万円             108万円
400万円                       134万円
500万円                       154万円
600万円                       174万円

660万円以上は、一定の算式によって計算されています。
いずれにしろ、「支払金額」と「給与所得控除後の金額」の差があなたのサラリーマンとして認められている必要経費の金額となります。

なお、この「給与所得控除後の金額」から扶養控除などが控除され、所得税が算出されることになります。

スポンサードリンク