会社から年末に渡される源泉徴収票の見方をわかりやすく説明しています。

控除対象配偶者の有無等

配偶者控除をした配偶者がいる場合に「有」に○がつけられています。
通常は、「従有」「従無」にはチェックされていません。
チェックされている場合は、会社の給与担当に確認してください。

ここで控除の対象となる配偶者とは、合計所得金額が38万円以下の人(パートなど給与だけの収入であれば103万円以下)です。
控除額は、38万円です。

「老人」の欄は、控除対象配偶者が満70歳以上の場合に○がついています。
老人に該当する場合は、控除額が10万円加算されます。

スポンサードリンク