会社から年末に渡される源泉徴収票の見方をわかりやすく説明しています。

本人が障害者

本人が特別障害者または一般の障害者に該当する場合に、それぞれ、特別またはその他の欄に○が記入されています。

特別障害者の場合は、40万円
一般障害者の場合は、27万円

所得控除されます。

特別障害者なのか一般障害者なのかの判断基準が定められています。具体的には、たとえば、身体障害者手帳で1級または2級とされている方は、特別障害者となります。

スポンサードリンク