会社から年末に渡される源泉徴収票の見方をわかりやすく説明しています。

寡婦

寡婦には、一般の寡婦と特別の寡婦の区分があります。

一般の寡婦は、27万円
特別の寡婦は、35万円

所得控除されます。

一般の寡婦とは、次に掲げる人です。

(1)次のいずれかに該当する人で、扶養親族または生計を一にする子のある人
A 夫と死別した後、婚姻していない人
B 夫と離婚した後、婚姻していない人
C 夫の生死が明らかでない人

(2)上記以外で次のいずれかに該当する人で、合計所得金額が500万円以下である人
A 夫と死別した後、婚姻していない人
B 夫の生死が明らかでない人

 

特別の寡婦とは、上記(1)の寡婦のうち、扶養親族である子があり、かつ、合計所得金額が500万円以下の人をいいます。

該当する人には、一般または特別の欄に○が記入されています。



スポンサードリンク