事前に読んでおくと役立つ退職・離職に関する労働法令の基礎知識と会社内や行政機関での手続をわかりやすく説明しています。

退職願の必要な場合

退職の理由としては、転職、定年、期間満了、独立などさまざまあります。
そして、退職願は、すべての場合に必要なわけではありません。

退職願が必要なのは、労働者の意思で退職する場合です。
たとえば、転職、独立などです。

就業規則などで定められている定年や期間満了の場合は、規則上退職となるので、あらためて労働者からの退職願は不要です。
また、会社からの解雇などの場合は、もちろん退職願は不要です。

スポンサードリンク