事前に読んでおくと役立つ退職・離職に関する労働法令の基礎知識と会社内や行政機関での手続をわかりやすく説明しています。

退職願の書き方

退職願について、まず、退職する会社に所定の書式がある場合は、その書式を使用します。

会社に指定書式がない場合は、一般的には、次のような書式を使用します。


syosiki.gif会社としては、労働者の意思でいつ退職するかがはっきりすれば、要件は足りるので、この書式で十分なのです。

注意事項

1 退職願か退職届か
通常、退職願とします。この場合、会社からの退職の承認が必要です。
退職届は、会社から承認が不要です。
違いは、退職願を撤回できるかというときだけです。

2 手書きか
手書きでもパソコンでも構いませんが、本人の確実な意思表示であるということで、手書きがお勧めです。

3 縦書きか横書きか
どちらでも構いません。

4 退職日
会社と調整した退職日

 

5 提出日
実際に退職願を提出する日です。

6 あて先
会社の代表者(通常社長)


 

スポンサードリンク