事前に読んでおくと役立つ退職・離職に関する労働法令の基礎知識と会社内や行政機関での手続をわかりやすく説明しています。

失業保険・失業手当の受給資格について

失業保険・失業手当を受給するためには、まず、自分が雇用保険(失業保険)に加入していたことを確認しなければなりません。

現在の加入条件は、次の二つです。
1.一週間の労働時間が20時間以上
2.31日間継続雇用する見込みであること(平成22年4月から)

会社に正社員として勤めていた場合は、会社は社員を雇用保険に加入させる義務がありますので、通常加入しています。
自分の給与明細をみて、雇用保険料を天引きされていれば、加入していることは間違いありません。
雇用保険に加入していたかどうか問題となるのは、正社員以外の非正規社員の場合です。
自分の給与明細で調べて、天引きされていなければ、会社に確認しましょう。

上記の2条件に該当し、雇用保険(失業保険)に加入手続がされていない場合は、会社の住所地を管轄するハローワークに相談してみましょう。
さかのぼっての加入が認められる場合もあります。

次に加入期間が一定の条件を満たすことが必要です。

1 特定受給資格者および特定理由離職者(注)  6か月
基本手当(失業手当)を受給するためには、退職日以前一年間で6か月以上勤務していたことが必要です。
言い換えれば、入社して半年以上たっていれば受給資格があります。

2 特定受給資格者および特定理由離職者以外の方  12ヶ月
退職日以前二年間で12か月以上勤務していたことが必要です。
言い換えれば、入社して一年以上たっていれば受給資格があります。

(注)
特定受給資格者
会社の倒産や解雇などの理由で退職した労働者です。
特定理由離職者
期間の定めのある労働契約を更新されず、離職した労働者と
正当な理由のある自己都合退職した労働者
詳しくは、こちらのページを

1 特定受給資格者の範囲
2 特定理由離職者
をご覧ください。

上記の2条件を満たしていれば、受給資格はあります。

スポンサードリンク